名古屋で注文住宅|失敗例から学ぶ!失敗しない間取りをご紹介!

TEL052-842-8716

STAFF BLOG スタッフブログ

スタッフブログ

2019/07/30

名古屋で注文住宅|失敗例から学ぶ!失敗しない間取りをご紹介!
  写真

注文住宅の良いところは、自分の理想を形にすることができることです。
しかし、中には「間取りを失敗してしまった!」と後から悩む方もいます。

「失敗しない間取り」にするためには、過去の間取りに関する失敗例から対策を考えることが効果的です。 

そこで今回は、名古屋で注文住宅をお考えの方に向けて、間取りの失敗例とその対策を紹介していきます。

□間取りの失敗例

注文住宅をお考えの方へ、「注文住宅の間取りに関する失敗例」を紹介します!
ポイントを押さえることで、どなたでも理想の注文住宅の間取りにすることができます!

*コンセント

コンセントの配置の失敗例を紹介します
「コンセントが少ない!」
「コンセントが届かない!」
実際に生活し始めると、このような不満を抱える方は少なくありません。
間取りを考える上で、ついつい見栄えを優先してしまう方が多く、コンセントの配置は後回しにされがちです。

「家具やテレビの置き場所を前もって決めておらず、コードが長くなった」
このような事態に陥るのは、シチュエーションや用途を明確できず、失敗してしまった例です。

*収納

収納スペースの快適さは、生活の快適性や利便性を左右するポイントです。
収納スペースに関する失敗例は、以下の共通点があると考えられます。
・収納物のサイズや寸法が未確定のままである
・頻度の高い日常品が出し入れのしやすい場所に置かれていない

このように、目的や用途も重視しなければいけないことが分かります。

□対策を紹介!

コンセントは日常の快適さを左右するため、重要な間取りのポイントです。

*コンセントの対策

適切なコンセントの数を知るためには、あらかじめ使用する家電や家具を知りましょう。
・使用する家電機器をリストアップしてみる
・テーブルなど、家具インテリアの配置を考えてみる

常時使用するものだけでなく、季節限定の家具も忘れずに、どれくらいコンセントがあれば十分なのか知りましょう。
適切なコンセントの数を知るためには、1日の行動表を作ってみましょう。

*収納の対策

収納の間取りの失敗として考えられる原因の多くは、実際の使用を考えた設計不足であることが考えられます。
そのため、どこに何を収納するか明確にすることが重要です。
その他にも、「使用頻度が高いものは、届きやすいところに収納できる」などが考えられます。

□まとめ

以上、名古屋で注文住宅をお考えの方に向けて、間取りの失敗例とその対策を紹介しました。
自分の理想が重要視しされすぎてしまい、実際の住み心地は後回しにされがちです。
そのため、現実と理想にギャップを生み出さないためにも、今回紹介した間取りの失敗例から自分なりの対策を見つけると良いでしょう。
当社では、名古屋を中心に注文住宅を専門にしています。
注文住宅のことなら何でもお任せください!

パンフレット写真

CONTACT CONTACT

サイエンスホームの家がより詳しくわかる! サイエンスホームの家がより詳しくわかる!

見て楽しい知って得する資料をプレゼント。
まずはお気軽にお問い合わせください。

tel:052-842-8716 tel:052-842-8716

メールでのお問い合わせ

Copyright© 2018 . All Rights Reserved.
Created by Co., Ltd アババイ.