木の家は寒いってホント?寒さ対策について名古屋の業者が解説!

TEL052-842-8716

STAFF BLOG スタッフブログ

スタッフブログ

2019/10/08

木の家は寒いってホント?寒さ対策について名古屋の業者が解説!
  写真

「木の家は寒いってホント?」
「木の家では寒さ対策は何をしているの?」
木の家に住もうか悩んでいる方の中には、寒さが心配と考えている方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、木の家に住むか悩んでいる方に向けて、木造住宅における寒さ対策について解説します。

□家が寒い原因

家が寒い最大の原因は「窓」です。
冬場に窓際に座ると寒いことから、みなさんにも共感していただけるかと思います。
特に、日本は外気の寒さを伝えやすいアルミサッシを利用している住宅が多いので、より窓際が寒くなるのです。
当社では、建築した木の家は空気層を含んだ「高性能サッシ」を使用するので、高い防寒性能を誇っています。

□防寒対策

*カーテンやスクリーンを設置

窓に断熱性能の高いカーテンを設置することで防寒対策になります。
断熱性能が高いカーテンとは、裏地付きのカーテンや裏地に中生地も含んだ3枚重ねになっている製品です。
3枚重ねのカーテンは空気層ができるので、非常に高い断熱性を有しています。
カーテンの長さは隙間を埋めた方がよいので、床につくくらいの長さの物がおすすめです。
スクリーンとはブラインドのように窓に吊るす製品で、部屋と窓の間に空気の層を作れるので、断熱性を向上できます。

*窓用のヒーター

窓用のヒーターも販売されています。
窓用のヒーターの利点は、暖かい空気の壁を作るので寒い外気を防ぎ、カビの原因となる窓の結露も防止してくれることです。
そして、購入して窓下に設置するだけで利用できるので、簡単に導入できます。
欠点は本体価格と電気代が高いことです。

*二重窓

窓を二重にすることで、空気層を作り出し断熱性を高められます。
また、二重窓の防寒性以外の利点として、外部から住宅に侵入する際に窓を2枚破る必要があることから防犯性の高さも挙げられます。
二重窓の欠点はリフォームする必要があることや、窓の数が増えたことにより窓掃除の手間が増えることです。

*断熱材リフォーム

壁や床、屋根に断熱材を入れて防寒対策を行えます。
しかし、リフォームが必須になるので手間のかかるのが欠点です。

□まとめ

本記事では、木造住宅における寒さ対策について解説しました。
はじめは難しそうに思ったかもしれませんが、意外と簡単に寒さ対策できることをご理解していただけたのではないでしょうか。
今回の記事を参考に、木の家に住むことについて検討してみてください。
また、当社が建築した木造住宅は「外張り断熱」「高性能サッシ」を利用した防寒対策を施しています。
どれくらいの防寒性能を発揮しているのか気になる方は、モデルハウスの展示場にお越しください。

パンフレット写真

CONTACT CONTACT

サイエンスホームの家がより詳しくわかる! サイエンスホームの家がより詳しくわかる!

見て楽しい知って得する資料をプレゼント。
まずはお気軽にお問い合わせください。

tel:052-842-8716 tel:052-842-8716

メールでのお問い合わせ

Copyright© 2018 . All Rights Reserved.
Created by Co., Ltd アババイ.