【名古屋で新築】新築を建てる際の「窓の配置」に関する失敗とは?

TEL052-842-8716

STAFF BLOG スタッフブログ

スタッフブログ

2019/07/18

【名古屋で新築】新築を建てる際の「窓の配置」に関する失敗とは?
  写真

名古屋に新築を建てる予定だという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

新築を建てる上で、「窓にこだわりたい!」と、お考えの方に必見の情報をご紹介します。

「新築を建てる際、窓の配置に関する失敗例はあるの?」
「もしあれば、その対策例も一緒に紹介してほしい!」

このようにお考えの方に向けて、新築を建てる際の「窓配置」の失敗例とその「対策」をご紹介します。

□窓の失敗

新築を建てる際に、窓は後回しにされる傾向があります。

しかしながら、窓は、生活の過ごしやすさを大きく左右します。
そのため、「窓の配置」によって、家全体のデザインや印象が大きく変わります。

また、窓の配置により、光の取り入れ具合や室内温度、光熱費も変化します。
そうであるにも関わらず、新築を建てる際に、窓の配置は後回しにしているケースがほとんどです。

そのため、住み始めた後に、窓の配置を原因とする新築の注文住宅の失敗例も多く報告されています。

窓の配置に関する失敗例をいくつか紹介するので、今後の新築設計の参考にしてみてください!

□失敗例

*家具・寝具を置くスペースがなくなる

窓は効果的に配置しないと失敗してしまう可能性が高いです。
窓を多く配置してしまうと、家具や寝具を置くスペースがなくなります。

クローゼットや作業机、ベッドなどは、窓の数が多くなると配置するためにスペースを確保することが困難になります。
窓の正面に置くスペースがないため、家具・寝具選びが難しくなります。

また、窓の正面スペースに家具・寝具を置いた場合、窓が隠れてしまいます。

開閉ができなくなると、せっかくの窓が台無しになります。

ほこりもたまりやすくなるため、掃除しづらくなります。

*温度

窓の数や配置を考えるということは、住み心地も考えることになります。
窓を多く配置してしまうことにより、室外温度の影響を受けやすくなります。
そのため、「より熱を吸収する」といったことが考えられます。
窓を多く配置し、開放感を取り入れようと考えがちです。

□解決策

上記では、窓の配置に関する失敗例を紹介しました。
実際、新築を建てる際に失敗しないようにするための解決策をご紹介します。

*失敗例の参照

窓の配置で満足のいく生活を過ごすためには、これまでに窓の配置の原因となる失敗例を参照しましょう。
そうすれば、理想の形に近づけることができます!

この記事で取り上げた失敗例をはじめ、窓の配置に関する失敗例をネットで調べると良いでしょう。
家設計や窓設計で失敗しないためのステップになります。

□まとめ

今回は、名古屋で新築を建てる予定の方に向け、新築を建てる際の「窓配置」の失敗例と、その対策についてご紹介しました。

今回紹介した記事を参考にして、あなたの理想の窓について検討してください。

また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。

何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください!

パンフレット写真

CONTACT CONTACT

サイエンスホームの家がより詳しくわかる! サイエンスホームの家がより詳しくわかる!

見て楽しい知って得する資料をプレゼント。
まずはお気軽にお問い合わせください。

tel:052-842-8716 tel:052-842-8716

メールでのお問い合わせ

Copyright© 2018 . All Rights Reserved.
Created by Co., Ltd アババイ.