年収500万円の家族が注文住宅を建てるなら|資金計画はどうする?

写真

これから注文住宅を建てようと考えている方はいらっしゃいませんか?
設計や素材を自分で選べる注文住宅はこだわりがある方には大変いいですよね。
そんな注文住宅を建てる方は、30代で年収500万円くらいの方が多いです。
30代になると資金面で余裕が出てきて、家族のための家が欲しくなることが理由のようです。
そこで重要になってくるのが資金計画です。
うまく資金計画できれば、日ごろの生活に困らず、払う金額が少なくて済みます。
ここでは、年収500万円の家族の例を取って、注文住宅を建てる際の資金計画をご紹介します。

年収500万円の方の注文住宅の予算とは

 

注文住宅を建てる際の資金計画では、今持っている資金や年収から頭金や借入(かりいれ)金を決めます。
もし今持っている資金が多いなら、頭金を増やして先に多めの金額を払ってしまえば、後の返済が楽になります。
しかし無理に払うと、急な出費が発生した時に生活に問題が発生するかもしれません。
また一般的には、注文住宅の予算は年収の5倍と言われています。
そのため、年収500万円の方なら、2500万円くらいが予算の目安と言えるでしょう。

借入金の目安はどれくらい?

 

注文住宅を建てる際、お金をどこかから借りることがほとんどです。
この借りるお金を借入金と言います。
借入金は主に銀行やフラット35から借ります。
銀行で借りるなら、返済比率35%以内と決められています。
そのため、年収500万円なら、毎年175万円以内の返済計画を立てます。
毎月約15万円支払う計算です。
銀行で借りると安心感がありますよね。
これがフラット35なら、借入できる金額が銀行より高く設定できます。
長期固定金利住宅ローンなので、景気が移り変わっても毎月の返済額が変わりません。
また、木の家などの質の高い注文住宅なら、借入の金利を下げられます。

注文住宅の資金計画を楽にするために

 

先ほど、返済比率が35%以内と言いましたが、現実的にはもっと返済比率は低いです。
これは、毎月15万も借入金で出費していたら、日ごろの生活にゆとりがなくなってしまうからです。
現実的には、25%くらいの返済比率となります。
年収500万円の方なら年間約125万円、毎月約10万円支払う計算です。
このように現実的な資金計画をして、毎月の負担を軽減させましょう。
また、業者選びも資金計画を楽にするために重要です。
建材を直接購入していてマージンをなくしている業者なら、質の良い素材を使っていてもお手頃な費用で注文住宅を建てられます。

まとめ

 

以上、注文住宅を建てる際の資金計画をご紹介しました。
注文住宅は一生に一度の重要な買い物です。
しっかり資金計画をして、毎日の生活を余裕のある幸せなものにしてください。
弊社は愛知県名古屋市周辺で、木の家の注文住宅を提供しています。
建材を直接購入し、質の良い自然素材を適材適所で使い分けることで、1000万円台で注文住宅を建てられます。
予算やこだわりなど、お客様のご要望にしっかり応えます。
注文住宅のことなら何でもお問い合わせください。

CONTACT

サイエンスホーム名古屋店のお問い合わせはこちら!
資料請求やモデルハウス見学も行っていますので、お気軽にお申し込みください。
TEL 052-842-8716052-842-8716

お問い合わせ・資料請求はこちら

モデルハウス見学予約はこちら