【名古屋に木の家を建てたい方】リビングのポイントを解説します!

写真

「木の家に似合うリビングの作り方を知りたい。」

木の家を建てる際によく悩むのが、リビングをどんなデザインにするかではないでしょうか。
そこで今回は、木の家を建てる予定のある方に向けて、過ごしやすいリビングを作るためのポイントを解説します。

過ごしやすいリビングの作り方

過ごしやすいリビングを作るための大きなポイントは、事前にリビングのイメージを鮮明にしておくことです。
そして、リビングをイメージする際に必要な要素を紹介します。

部屋の間取り

リビングの間取りを考える際は、主にリビングとダイニングが分けられているタイプと、一体になっているリビングダイニング型の2種類から選択します。
分けられているタイプは、食事をするときにダイニングに移動するので、食事に集中できます。
一方で、リビングダイニング型だと普段の生活でのんびりしている空間で食事をするので、だらけてしまう可能性があります。
欠点は食事をするときにダイニングまで移動するのが面倒な点です。
次に、リビングダイニング型は食事をする際に移動しなくてよいのが大きな利点ですが、食事中の匂いがリビングに漂ってしまうことが欠点です。
各間取りに特有の利点や欠点があるので、日ごろの生活動線をよく考えながら間取りを決めるようにしてください。

リビングの広さ

リビングの広さは家全体のバランスを考えつつ、できるだけ広くした方がゆったりと過ごせます。
しかし、リビングを優先しすぎると、他の部屋のバランスが悪くなってしまったり、トイレの配置が困難になったりするので要注意です。
また、コンセントの位置にも注意しましょう。
リビングの広さや間取りを決めて家具を配置してみると、コンセントが家具の後ろに隠れて使えないことがあります。
このような事態を防ぐためにも、家具の配置場所を事前に考えておくことが大切です。

リビング階段や吹き抜け空間

部屋を広く見せる吹き抜け空間やリビング階段を配置するときの注意点は冷暖房効率が悪くなることです。
これらのデザインを採用したい場合は、冬用に床暖房を設置することをおすすめします。

当社の家のポイント

当社のヒノキ造りの家は、主に「天然素材」「真壁づくり」「スラブ基礎」「ハイブリッド構造」の4つの要素があることで高い人気を誇っています。
また、当社ではヒノキ造りの素敵なリビングを作れます。
何か相談したいことがあれば、気軽にお問い合わせください。

まとめ

本記事では、木の家で過ごしやすいリビングを作るためのポイントを解説しました。
はじめは難しそうに思ったかもしれませんが、事前にポイントを知っているだけで、意外と簡単に快適なリビングを作れます。
今回の記事を参考に、家族と相談しながら、木の家に快適なリビングを作ってみてください。

CONTACT

サイエンスホーム名古屋店のお問い合わせはこちら!
資料請求やモデルハウス見学も行っていますので、お気軽にお申し込みください。
TEL 052-842-8716052-842-8716

お問い合わせ・資料請求はこちら

 

モデルハウス見学予約はこちら