注文住宅を和風にするには?ポイントを名古屋の業者が解説します!

写真

近年は和とモダンを融合させた和モダンな建物が流行となっています。
それに伴い、「和モダンなマイホームを建てたい!」と考えている人が増えています。
今回は注文住宅で和風・和モダンなマイホームを建てるために押さえておきたいポイントを紹介します。

 

和風・和モダンな家とは

和風な家を建てたいと一口に言っても、人によってどの程度「和のテイスト」を取り入れるかは異なります。
大きく分けると、完全な「純和風家屋」にするのか、和とモダンを融合させた「和モダン」な家にするのかの2種類あります。

 

純和風なマイホームを建てたい

純和風な建物は日本人に馴染み深く、畳や障子を使用した和の内装やインテリアはご年配の方はもちろん若い人にも根強い人気があります。
ただし、純和風な建築を建てるには熟練された職人に依頼しなければならないので費用が高くなることや、設計上の問題で冷暖房が効きにくいというデメリットがあります。

 

和モダンなマイホームを建てたい

和モダンな家とは、日本の伝統的な建築様式の建物に新しい建築を織り交ぜたデザインの家のことです。
昔ながらの日本家屋を思わせつつ、随所に最新の技術を落とし込んだセンスのある家として、近年人気が高まっています。
さらに、和モダンな建物では純和風家屋のデメリットを全てカバーできるのが最大の魅力でもあります。

 

和風な家にするためのポイント

自然素材を使う

建築にヒノキなどの自然素材を多く使うと和な雰囲気を生み出すことができます。
天井の木素材や壁タイルのデザインを変えることで、空間にリズムとメリハリをバランスよく入れることで和とモダンが共存します。
また、自然素材で作られたい家は和な雰囲気を演出できるだけでなく、安心感もあり居心地の良いマイホームを実現できます。

 

畳を入れる

畳と言えば「THE和風」の代表格ではないでしょうか。
和室を作りそこに畳を入れるだけで一気に部屋を和な空間にすることができます。
最近では、濃淡の違う2種類の畳を格子状にはめることで和と同時にモダンを感じさせることができるアイテムでもあります。
さらに、畳には「吸音効果」「調湿効果」「消臭効果」といったフローリングにはない効果もあります。

 

まとめ

今回は和風・和モダンな家を建てるためのポイントを紹介しました。
和風な家を建てたいと考えている人はこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
当社は名古屋を中心に注文住宅事業を行っております。
注文住宅について疑問や相談がありましたらお気軽にお問合せください。

CONTACT

サイエンスホーム名古屋店のお問い合わせはこちら!
資料請求やモデルハウス見学も行っていますので、お気軽にお申し込みください。
TEL 052-842-8716052-842-8716

お問い合わせ・資料請求はこちら

モデルハウス見学予約はこちら