名古屋市で注文住宅を低価格で建てるには?

写真

名古屋で注文住宅を低価格で建てるには、ローコスト住宅にすることがおすすめです。
ローコスト住宅とはどんな住宅でしょうか。

 

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、文字通り一般的な価格よりも安い住宅のことです。
多くの場合ハウスメーカーが建てており、一般的な住宅の坪単価の半分近い価格で建てられます。
価格をこれだけ安くできるのは、材料費や人件費、広告費、諸経費などを抑えているためです。
この中で諸経費というのは、間取りをシンプルにしたり、部屋数を少なくしたりして抑える経費のことです。
もちろん、住宅は安いに越したことはありませんが、安い場合には問題があることがあります。
では次に、ローコスト住宅のメリットとデメリットを見てみましょう。

 

ローコスト住宅のメリット

価格が安いことがローコスト住宅の大きなメリットですが、住み替えがしやすいのもメリットとして挙げられます。
ローコスト住宅は設備などにあまりお金をかけていないため、長年生活することには向いていません。
将来の住み替えを前提とした家なので、子供が大きくなるまでといった、一定期間住むための住居としては優れていると言えるでしょう。
つまり、ライフスタイルによって住まいを替えたい人に適した住宅です。

 

ローコスト住宅のデメリット

キッチン、トイレ、風呂場など水回りの設備があまりよくないのが、ローコスト住宅のデメリットです。
断熱性や耐久性、耐震性、遮音性はあまり期待できません。

 

どこに依頼する?

ローコスト住宅を建てる前に、業者を選定する必要がありあます。
ハウスメーカーは広告費にコストをかけているので、その分資材のグレードが低い可能性があります。
工務店は地域密着型が多いため、全国展開しているハウスメーカーと違い、広告費もほとんど使っていません。
しかし、ハウスメーカーほどの資金力がないので材料費の一括購入が困難なため、住宅の質が落ちる傾向があります。
注文住宅を建築設計事務所に依頼する方法もありますが、実際の施工は下請け業者に丸投げすることが多いため、思ったような出来上がりになるとは限りません。
このように、ローコスト住宅を業者に依頼するには、どこも一長一短があるのが現状です。

 

まとめ

ローコスト住宅は、キッチンや風呂、トイレなどの設備のグレードを落として、コストを削減した住宅です。
そのため、長年生活するには向きませんが、将来の住み替えを前提として購入する際にはおすすめです。

CONTACT

サイエンスホーム名古屋店のお問い合わせはこちら!
資料請求やモデルハウス見学も行っていますので、お気軽にお申し込みください。
TEL 052-842-8716052-842-8716

お問い合わせ・資料請求はこちら

モデルハウス見学予約はこちら